ノンシリコン

ノンシリコン

シリコン有りか、シリコン無しかどちらがいいのでしょうか?
シャンプーに関するこのような質問をよく見かけます。
それは、最近流行しているノンシリコンシャンプーが理由のようです。

 

多くの有名メーカーが、ノンシリコンシャンプーということでたくさんの商品を発売しています。

 

しかし、ノンシリコン=よいシャンプーだとすぐに決めてしまうのも問題なのです。
それは、ノンシリコンシャンプーといっても、内容はそれぞれ違うからなのです。
確かに、シリコン有りのシャンプーというのは、体内にはよくないと言われている成分で髪をコートしてくれます。
髪の内部から修復するわけではなく、表面をコーティングするだけなのです。
ですから、一時的に髪がきれいになったりつやつやになるのですが、髪そのものは傷んでしまうことが多いのです。

 

ノンシリコンは、このような本来髪にはよくない成分が入っていません。というようにも聞こえますが、それは違います。
商品によっては、髪にはかなり悪いと言われているラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naという美容師さん達にも最悪だと呼ばれている成分が入っているものがあります。
実は、私も店頭で見てよさそうだと思って購入したノンシリコンシャンプーに、これらの成分が入っており、当時はそのような成分がそこまで悪いという認識がなかったが為に後でビックリしたということがありました。
何でも情報を得ることって大切ですね。